むつおちゃんブログ

バーグハンバーグバーグで働く山口むつおのブログです。

佐藤ねじさんと本屋 EDIT TOKYOのイベントに出ます

f:id:e_yamaguchi:20170320233322j:plain

 

3月23日(木)に、本屋B&Bが100日限定でオープンしている本屋さん「本屋 EDIT TOKYO」のイベントに出ます。
株式会社ブルーパドルの代表である、佐藤ねじくんからトーク相手として指名してもらいました。 

passmarket.yahoo.co.jp

↑ここから予約ができます。ブックコーディネーターの内沼晋太郎さんも一緒です。

「みんながアクセスすると劣化する記事」が大きな話題となった異色のウェブメディア『変なWEBメディア』。『変なWEBメディア』は、多くの人が日々ネットニュースに触れるこの時代に、あらためてWEBというテキストメディアでできることを、追求する試みであるといえるでしょう。この度、本屋EDIT TOKYOではこの『変なWEBメディア』をつくられた佐藤ねじさん、「オモコロ」などで編集・執筆しながら、「バカが考えた株の漫画」など話題の企画をたくさん手掛けている、株式会社バーグハンバーグバーグの山口むつおさんをお招きして、『変なWEBメディア』にこそ、これからのウェブメディアのヒントがあるかも?と題して、お話を伺います。

変なWEBメディア対談。 

続きを読む

目黒川の桜、すいてるところあるよ

こんにちは、山口です。

ここ最近、連日のように中目黒駅には目黒川沿いの桜を見ようと、たくさんの人がいます。そりゃもうエグいぐらいに。

なのですが、会社が中目黒にある関係で毎日このへんをウロチョロしていると、ちょっと歩けばすいているところも見かけます。

 

下記!!!!

 

 

天空庭園付近(池尻大橋駅近く)

中目黒駅より池尻大橋駅が近いですね。天空庭園のところから目黒川へ突撃すると、ここでも綺麗な桜並木を拝むことができます。

 

f:id:e_yamaguchi:20160406093308j:plain

隣にある天空庭園の壁や歩道もあいまってか学園っぽい雰囲気があり、なんとなく「エロゲのオープニング」っぽさを醸し出しています。

 

 

f:id:e_yamaguchi:20160407120422j:plain

会話ウィンドウを入れてみました。完全にエロゲのオープニングになりました。たくさんのヒロインに囲まれ、「オレの学園生活、ど〜なっちまうんだ?」というセリフが吐かれる日も近いかと。

 

↓このへんです↓ 

  

 

 

東京共済病院付近

中目黒駅の改札を出ると、みんな取り憑かれたように川まで直進するのですが、横断歩道をわたったら直進せずに右へ曲がり、山手通り沿いを進んでください。駒沢通りとの交差点を越えてしばらく行くと、ファミリーマートが見えてくるのでそこを左へ。

  

f:id:e_yamaguchi:20160406094718j:plain

すると、良い感じにすいているところへ出ます。

 

 

f:id:e_yamaguchi:20160406094445j:plain

ちょっとしたベンチがあったり、

 

 

f:id:e_yamaguchi:20160406094519j:plain

川のでっぱりのところでカメが日向ぼっこをしていたり、 

 

 

f:id:e_yamaguchi:20160406094837j:plain

川をセンターにした、良い感じの景色を見ることもできます。

 

 ↓このへんです↓

 

 

 

やっぱりすいてるのが一番ですね

ご紹介したどちらも屋台などの店はありませんが、 のんびり見ながら歩くには気持ちが良いところです。そのへんにごはん屋さんはちょこちょこあるので、お腹が減ったらそのへんに適当に入って食べればオッケーではないでしょうか。

 

 

以上!

 

仕事のモチベーションを上げるのは「ハイレベルな身内ウケ」である

f:id:e_yamaguchi:20151231180623j:plain

あけましておめでとうございます、山口むつおです。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

2016年の大きな目標は「仕事で身内を喜ばせること」に決めました。

2015年はとにかく「コンテンツマーケテイング」が叫ばれ、メディアが乱立し、そして消えていった年。オウンドメディアを始めて一定期間が経ち、残るところは残ったし、ダメだったところは撤退した年。コンテンツの価値がSEO目線でも評価された年。そしておもしろWEBライターがとにかく使い倒された年でもありました。

そんな中、モチベーション高く、そして数字としても良い結果が伴ったものは、顔を知らない世の中のみなさんのために頑張ったものよりも、自分のすぐ近くにいる好きな人のために頑張ったものが多かったのです。

続きを読む